真空ポンプ開発のために必要な技術

真空ポンプと言いますと、大半の人は機械を想像されるでしょう。確かに、ロータリーポンプやターボ分子ポンプのように、回転力を用いて真空を作り出すポンプが最も一般的であることは間違いではないのですが、真空ポンプは必ずしも機械的な構造をしているものだけではありません。

超高真空雰囲気を作り出すゲッタ・イオンポンプなどのように、物質の吸着を原理としたポンプもありますので、特に先端技術に応用することの多いこうしたポンプの開発には、機械工学以外の技術が必要なのです。

真空技術は、まず気体分子運動論や状態方程式などの物理学の基本から始まります。次いで、気体分子の統計的分布など、統計力学の素養も求められます。これは機械工学の範囲を超え、応用物理学や電子通信工学の分野です。

気体分子同士の衝突についても、一般物理学よりも深く理解することが求められます。一部のゲッタ・イオンポンプでは電子銃を用いることがありますので、電子と分子との衝突の理論についても学ぶ必要があるのです。

このようなことから、特に最先端の真空ポンプの開発には、物理工学や電子工学の技術を持った人材が不可欠となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です